挿絵1
お客さんと長く付き合っていくためには、
アフターだって時には必要です。

もちろん店外で会うという事なので、
常に危険も付きまといます。

特に遊びなれていないお客さんや若いお客さんの場合、
アフターのマナーをよく知らない事が多いです。
だからアフターでホテルに誘われるなんて事も、
しょっちゅうですよね。

危険を回避するために気をつけたい点をご紹介するので、
常に忘れないようにしてくださいね。

アフターでの注意点

絶対に酔わない!!

挿絵2
アフターではお酒の飲める店に行くことが多いでしょうけど、
絶対に酔ったらダメです。
特に口説き目的のお客さんは、
あなたを酔わせようと必死になりがちです。

口説き目的じゃないお客さんの場合でも、
あなたが酔っ払ったら
「もしかして、イケんじゃね?」
なんて考えてしまいがち。

隙を見せないようにしましょう。

最初に時間を決めておく

同伴だと出勤時間を理由にできますけど、
アフターには終わりがないですよね。

なのでアフターに誘われてOKする段階で、
「明日は○○の用事があるから、ちょっとしか時間ないけど大丈夫?」
みたいな感じで時間を決めておきましょう。

「いつも言い訳するの面倒くさいよー」
っていう人は、最初に
「〇時には帰るっていう約束で働いてるから」
という設定にしておくと楽です。

ワンランク上になるための提案

アフターの場合、帰りにタクシー代をくれるお客さんも多いですよね。
その場合、領収書をもらって、
お釣りを返すようにしましょう。

ほとんどのお客さんはお釣りなんて受け取らないし、
なのにイメージはグッと良くなります。

お店は自分で決めましょう

挿絵3
アフターのお店選びをお客さんに任せると、
個室のバーや居酒屋になりがちです。

個室になると、
急にいつもと違って口説きモードになっちゃうお客さんも多いです。

お店は
”リーズナブルでオープンで、だけどそれなりに雰囲気は良いお店”
を普段からいくつか把握しておきましょう。

店員さんと中良さそうにしない

アフターで頻繁に同じ店を使っていると、
店員さんと仲良くなりがち。

でも、お客さんの前で親しげに話すのはやめましょう。
お客さんが悪い意味で嫉妬します。

まとめ

アフターは必須といってもいいくらい大切な事ですけど、
使い方を間違ったらすごく危険です。

アフターの目的は
”お客さんを育てること”
です。

危険のないように、上手に活用してくださいね。

キャバ嬢のテクニックをもっと知りたい方は、
あなたのお客様を惹きつけて離さない27の小悪魔的営業テクニック集

をどうぞ。

この記事より10倍くらい”濃い”内容が書いてありますよ (*´∀`*)