挿絵1
キャバ嬢をしていると絶対に体験するのが、
デートのお誘いですよね。

正直、もうウンザリですよね。
何のメリットもないですし。

この記事では、

  • 初回のお客さん
  • 切りたくない常連さん
  • 仕事終わりのデートの誘い

を指名につなげるコツをご紹介しますね。

初回で誘ってくるお客さんへの対応

挿絵2
初回からいきなりデートの誘いをしてくるお客さんも多いですよね。

このタイプのお客さんはたいてい、
「なるべく安く飲みたい。キャバ嬢を口説きたい。最後までいきたい」
と考えています。

私たちキャバ嬢にとっては、
一番嫌なタイプですね。

このタイプのお客さんの場合、
自分が痛い客だという自覚がないです。

”教育”する

教育っていう言葉は嫌いなので使いたくないのですが、
こういう痛いお客さんは”良い客”になるように上手に教えてあげる事が必要です。

「いきなり口説くのはカッコ悪い」
「口説く前にちゃんと指名で通うのがイイ男」
という事を話の中で何度も伝えていきましょう。

お客さんはだんだんデートに誘いにくくなっていきます。

褒めるのも忘れずに!!

デートを誘ってこなくなったら、
「最初の時はいきなり口説かれたからチャラい人かと思った。
でもキレイに飲める人だったんですね!!」
と褒めてあげましょう。
(”褒める”っていう言葉も、上から目線なので嫌いですけど……)

切りたくないお客さん

挿絵3
定期的に通ってくれてるお客さんの場合、
出来ることなら切りたくはありませんよね。

そういう場合は、
”アタシは忙しい人なの”
というウソの設定をしておくと楽です。

ウソの設定をしておけば、
断る言い訳を毎回考える必要もなくなります。

”忙しい人”の例としては、

  • 他のバイトとかけもちしている
  • おばーちゃんの介護をしている

などがおすすめです。

仕事終わりのデートの誘い

アフターではなく、店には来ずに
「店が終わったら遊ぼう」
という誘いも多いですよね。

こういう場合は、
「店に来てないお客さんと仕事の後に居るのを、
他のお客さんに見られたら大変なことになっちゃう」
と伝えましょう。

まとめ

以上、店外デートの誘いの断り方をご紹介しました。

でももちろん、”断る”だけが選択肢じゃありません。

デートからの同伴狙い(いわゆる『賭け同伴』)も、
同伴へ持ち込む自信があるならアリです。

キャバ嬢のテクニックをもっと知りたい方は、
あなたのお客様を惹きつけて離さない27の小悪魔的営業テクニック集
をどうぞ。

この記事より10倍くらい”濃い”内容が書いてありますよ (*´∀`*)